iPhoneよくある故障と修理について

iPhoneの故障修理

2018年03月20日 11時16分

iPhoneホームボタンなど、ボタン系の故障修理

iPhoneのホームボタン、電源ボタン(スリープボタン)など、日頃から繰り返し使うパーツは、疲労することも多く、故障が多い部分です。
 
ボタン系で最も故障が多いとされるのが電源ボタン(スリープボタン)、次いでホームボタンです。ボタンを操作しても反応しなかったり、ボタンを押すと引っ込んだまま戻ってこなかったりという症状が目立ちます。
 
ボタンの機能はAssistiveTouchをオンにすることにより、画面上で代替えすることができますが、ボタンの機能は多くのパーツと連携しているため、不具合の原因が実は他の場所にある場合も考えられます。そのため、できるだけ早く修理専門店に持ち込むことをおすすめします。
 
ボタンの不具合は、そのボタン本体および周辺に原因がある場合以外に、内部のケーブルが破損しているケースもしばしば見受けられます。衝撃等でガラス、液晶画面にひびが入った場合、この内部ケーブルにダメージを与える可能性があります。
 
ボタン系の修理にかかる時間はまちまちですが、ホームボタンで30分~、電源ボタンは1時間~程度になります。
 
iPhoneボタン系の故障修理にかかる費用
iPhoneのボタン系パーツに故障が発生した際の修理費用ですが、街のiPhone・スマートフォン修理専門店では6000円前後で受けているようです。故障の原因によって、修理費用は大きく前後することもあります。
 

iPhoneの水没故障の点検と修理

iPhoneを水たまりやプールなどに落としてしまった場合の水没点検、内部の清掃等の作業になります。
 
まず、何らかのミスでiPhoneを水没させてしまった場合、絶対にやってはいけないことが「電源を入れる」ことです。水没させてしまった端末内には水分が入り込んでいる可能性が非常に高いです。不用意に電源を入れることは、端末回路に重大なエラーを引き起こす可能性がありますので、絶対にやらないようにしてください。同様に、「充電アダプターを接続して充電」「振る」などの行為も厳禁です。
 
適切な応急処置としては、「とにかく電源はオフ」「ヘッドフォンジャック等の水分をティッシュなどで拭き取る」→修理専門業者へという流れになるでしょう。
 
ひじょうに精密な、最先端テクノロジーのかたまりがiPhoneです。点検・修理はiPhone・スマホ修理専門店で、その道のプロに任せましょう。基本的には端末内部に侵入した水分を除去し、基板を慎重にクリーニング、乾燥させることで、水没端末を完全な状態に回復させることを目指します。
iPhoneの水没故障の点検と修理にかかる費用
iPhoneの水没点検と修理にかかる費用ですが、個々の端末がどのような状態で持ち込まれるかにより、サービス料金は異なります。多くのiPhone・スマホ修理専門業者が3000円から5000円程度でサービスを提供しているようです。
 

iPhoneカメラの故障と修理

様々な精密パーツが組み合わさってできているiPhone。「落とす」「ぶつける」等の衝撃で不具合が出るのは何もガラスや液晶だけではありません。今までにご紹介したように、ボタン系のパーツがダメージを受ける場合もあります。また、カメラに代表されるiPhoneの精密なパーツが壊れてしまうこともあります。iPhoneには表裏それぞれにレンズが備えられており、レンズやセンサーは一眼レフカメラを凌駕するとも言われる高性能を誇ります。
 
iPhoneカメラの故障と修理にかかる費用
ひじょうに精密なパーツで構成されているiPhoneのカメラですので、場合によっては修理に高額な料金がかかる可能性があります。どのパーツが不具合を引き起こしているかにより、修理金額や難易度にも差が出てくるでしょう。通常、街のiPhone・スマートフォン修理専門店では5000円から10000円の範囲内で修理を受け付けているようです。なお、最新の「iPhone 8」「iPhone X」は、販売から間もないこともあり、カメラの修理はひじょうに高額になることが予想されます。
 

iPhoneスピーカーの故障と修理

iPhoneは「Phone」の文字が表す通り電話です。iPhoneには、電話で通話をする際に使用する「イヤースピーカー」、そして音楽や動画再生、着信音再生の際に使用される、端末下部のスピーカーがあります。
 
スピーカーの故障は、衝撃を原因とするものが多いようです。パーツ自体が損傷するケースや、損傷は無くとも若干パーツの位置にずれが生じるなどして、スピーカーから音が鳴らないなどのケースが考えられます。症状により修理の作業時間に違いは出ますが、30分から1時間程度の作業となるでしょう。
 
iPhoneスピーカーの故障と修理にかかる費用
修理の内容にもよりますが、街のiPhone・スマホ修理専門業者では、5500円~で修理を受け付けているようです。最新機種の「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」は、まだスピーカーを含む多くの修理が、ひじょうに高額です。
 

iPhoneマイクの故障と修理

通話中にどうも相手が「自分の声を聞き取りづらそうだ」と感じることはありませんか?もしかしたらマイクの故障かもしれません。ただ、故障と判断する前に、まずはマイクをチェックしましょう。iPhoneのマイクは本体の下面にあります。ありがちな原因は、このマイクに何かが詰まっていて、音を拾いづらい状態になっていることです。
 
マイクに何も詰まっていないようなら、とりあえず再起動してみましょう。何か調子がおかしい時には再起動。意外に効果がある、iPhoneの不具合脱出方法です。
 
それでもマイクが働いていない場合は故障ということになります。普通に通話ができない状態であれば、iPhone・スマートフォン修理の専門業者に修理依頼しましょう。不具合の原因にもよりますが、通常、30分から1時間ほどで終了する修理になるでしょう。
 
iPhoneマイクの故障と修理にかかる費用
多くのiPhone修理専門業者では6000円程度で修理を行っているようです。やはり最新機種ほど修理費用は高くなります。
 

精密機械であるが故、故障修理とは無縁ではないiPhone

発売開始から10年以上が経ち、iPhoneは多くの人々の生活に欠かせないスマートフォンとなりました。誰もが高性能な端末を持ち、いつどこにいても最新の情報が手に入る。仕事にプライベートに、人々の生活はスマホを中心に回っていると言ってもいいほどです。その主役がご存知の通りiPhone。大切に使っていても、何かの拍子に「やらかしてしまう」ことは誰にでもあることです。
 
そんなピンチを救ってくれるのは、やはり街のiPhone・スマートフォン修理専門業者でしょう。こうした業者で端末を修理するメリットは「すぐに直る」、そして「データが無くならない」ということでしょう。メーカーの修理では、データは消えてしまいます。これは修理業者を選ぶ、ひじょうに大きい判断材料となるでしょう。
 
また、メーカーでは受け付けない修理(水没)や、データの取り出しを行っている業者も存在します。修理の技術に関しても「メーカー認定業者」と「街の修理業者」の間にレベルの差はありません。現在はスマートフォン修理市場の法制化に「国が前向き」という流れも業界をアシストしています。iPhoneユーザーが、アフターサービスや端末のメンテナンスにおいて、より多くのチョイスを得られることが期待されます。